Menu Close

4.6. IdM Web UI を使用した DNS の場所への IdM サーバーの割り当て

Identity Management (IdM) の DNS の場所を使用すると、IdM クライアントとサーバー間の通信速度を増すことができます。本セクションでは、IdM Web UI を使用して、IdM サーバーを DNS の場所に割り当てる方法を説明します。

前提条件

  • IdM デプロイメントに DNS が統合されている。
  • たとえば、IdM admin ユーザーなど、DNS の場所を割り当てるパーミッションがあるユーザーとしてログインしている。
  • DNS の場所を割り当てるホストへの root アクセス権がある。
  • サーバーを割り当てる IdM DNS の場所 を作成している。

手順

  1. IPA Server タブを開きます。
  2. Topology サブタブを選択します。
  3. ナビゲーションにある IPA Servers をクリックします。
  4. IdM サーバー名をクリックします。
  5. DNS の場所を選択し、必要に応じてサービスの加重を設定します。

    図4.1 DNS の場所へのサーバーの割り当て

    DNS の場所割り当てサーバー
  6. Save をクリックします。
  7. 前の手順で DNS の場所を割り当てたホストのコマンドラインインターフェース (CLI) で、named-pkcs11 サービスを再起動します。

    [root@idmserver-01 ~]# systemctl restart named-pkcs11
  8. オプション: この手順を繰り返して、他の IdM サーバーに DNS の場所を割り当てます。