Menu Close

4.7. IdM CLI を使用した DNS の場所への IdM サーバーの割り当て

Identity Management (IdM) の DNS の場所を使用すると、IdM クライアントとサーバー間の通信速度を増すことができます。本セクションでは、IdM コマンドラインインターフェース (CLI) を使用して IdM サーバーを DNS の場所に割り当てる方法を説明します。

前提条件

  • IdM デプロイメントに DNS が統合されている。
  • たとえば、IdM admin ユーザーなど、DNS の場所を割り当てるパーミッションがあるユーザーとしてログインしている。
  • DNS の場所を割り当てるホストへの root アクセス権がある。
  • サーバーを割り当てる IdM DNS の場所を作成 している。

手順

  1. オプション: 設定済みの DNS の場所をすべて表示します。

    [root@server ~]# ipa location-find
    -----------------------
    2 IPA locations matched
    -----------------------
    Location name: australia
    Location name: germany
    -----------------------------
    Number of entries returned: 2
    -----------------------------
  2. サーバーを DNS の場所に割り当てます。たとえば、場所 germanyidmserver-01.idm.example.com サーバーに割り当てるには、以下を実行します。

    # ipa server-mod idmserver-01.idm.example.com --location=germany
    ipa: WARNING: Service named-pkcs11.service requires restart on IPA server
    idmserver-01.idm.example.com to apply configuration changes.
    --------------------------------------------------
    Modified IPA server "idmserver-01.idm.example.com"
    --------------------------------------------------
    Servername: idmserver-01.idm.example.com
    Min domain level: 0
    Max domain level: 1
    Location: germany
    Enabled server roles: DNS server, NTP server
  3. 前の手順で DNS の場所を割り当てたホストで named-pkcs11 サービスを再起動します。

    # systemctl restart named-pkcs11
  4. オプション: この手順を繰り返して、他の IdM サーバーに DNS の場所を割り当てます。