Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 SELinux のステータスおよびモードの変更

SELinux が有効になっている場合は、Enforcing モードまたは Permissive モードのいずれかで実行できます。以下のセクションでは、これらのモードに永続的に変更する方法を説明します。

2.1. SELinux のステータスおよびモードの永続的変更

SELinux のステータスおよびモード で説明されているように、SELinux は有効または無効にできます。有効にした場合の SELinux のモードには、Enforcing および Permissive の 2 つがあります。

getenforce コマンド、または sestatus コマンドを使用して、SELinux が実行しているモードを確認できます。getenforce コマンドは、EnforcingPermissive、または Disabled を返します。

sestatus コマンドは SELinux のステータスと、使用されている SELinux ポリシーを返します。

sestatus
SELinux status:                 enabled
SELinuxfs mount:                /sys/fs/selinux
SELinux root directory:         /etc/selinux
Loaded policy name:             targeted
Current mode:                   enforcing
Mode from config file:          enforcing
Policy MLS status:              enabled
Policy deny_unknown status:     allowed
Memory protection checking:     actual (secure)
Max kernel policy version:      31
警告

Permissive モードで SELinux を実行すると、ユーザーやプロセスにより、さまざまなファイルシステムオブジェクトのラベルが間違って設定される可能性があります。SELinux が無効になっている間に作成されたファイルシステムのオブジェクトには、ラベルが追加されません。ただし、SELinux では、ファイルシステムオブジェクトのラベルが正しいことが必要になるため、これにより Enforcing モードに変更したときに問題が発生します。

SELinux では、誤ったラベル付けやラベル付けされていないファイルが問題を引き起こすことを防ぐため、Disabled 状態から Permissive モードまたは Enforcing モードに変更すると、ファイルシステムのラベルが自動的に再設定されます。root で fixfiles -F onboot コマンドを使用して、-F オプションを含む /.autorelabel ファイルを作成し、次回のシステムの再起動時にファイルに再ラベル付けされるようにします。

再ラベル付けのためにシステムを再起動する前に、enforcing=0 カーネルオプションを使用するなどして、システムが Permissive モードで起動することを確認します。これにより、selinux-autorelabel サービスを起動する前に、systemd が必要とするラベルのないファイルがシステムにある場合に、システムが起動に失敗することを防ぎます。詳細は、RHBZ#2021835 を参照してください。