Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.5. IdM Healthcheck でログローテーションの設定

本セクションでは、以下を使用してログローテーションを設定する方法を説明します。

  • systemd タイマー
  • crond サービス

systemd タイマーは、Healthcheck ツールを定期的に実行して、ログを生成します。デフォルト値は毎日午前 4 時に設定されています。

crond サービスは、ログローテーションに使用されます。

デフォルトのログ名は healthcheck.log で、ローテーションされるログは healthcheck.log-YYYYMMDD 形式を使用します。

前提条件

  • root でコマンドを実行できる。

手順

  1. systemd タイマーを有効にします。

    # systemctl enable ipa-healthcheck.timer
    Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/ipa-healthcheck.timer -> /usr/lib/systemd/system/ipa-healthcheck.timer.
  2. systemd タイマーを起動します。

    # systemctl start ipa-healthcheck.timer
  3. /etc/logrotate.d/ipahealthcheck ファイルを開いて、保存すべきログの数を設定します。

    デフォルトでは、ログローテーションは 30 日間設定されます。

  4. /etc/logrotate.d/ipahealthcheck ファイルで、ログへのパスを設定します。

    デフォルトでは、ログは /var/log/ipa/healthcheck/ ディレクトリーに保存されます。

  5. /etc/logrotate.d/ipahealthcheck ファイルで、ログ生成の時間を設定します。

    デフォルトでは、ログは毎日 午前 4 時に作成されます。

  6. ログローテーションを使用するには、crond サービスが有効になっており、実行していることを確認します。

    # systemctl enable crond
    # systemctl start crond

ログの生成を開始するには、IPA healthcheck サービスを起動します。

# systemctl start ipa-healthcheck

結果を確認するには、/var/log/ipa/healthcheck/ に移動して、ログが正しく作成されていることを確認します。