Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

27.5. IP アドレスが指定されている場合に Ansible Playbook を使用して逆引き DNS ルックアップのゾーンを存在させる手順

本セクションでは、Identity Management (IdM) の管理者が Ansible Playbook を使用して、逆引き DNS ゾーンを存在させる手順を説明します。以下の手順で使用する例では、IdM 管理者は、IdM ホストの IP アドレスおよび接頭辞長を使用して、逆引き DNS ルックアップゾーンを追加します。

name_from_ip 変数を使用して DNS サーバーの IP アドレスの接頭辞の長さを指定すると、ゾーン名を制御できます。接頭辞の長さを指定しない場合には、システムが DNS サーバーにゾーンに関するクエリーを出し、192.168.1.2name_from_ip の値をもとに、このクエリーで、以下の DNS ゾーンのいずれかを返します。

  • 1.168.192.in-addr.arpa.
  • 168.192.in-addr.arpa.
  • 192.in-addr.arpa.

クエリーが返すゾーンは想定しているゾーンとは異なる可能性があるため、ゾーンが誤って削除されないように state オプションが present に設定されている場合のみ、name_from_ip を使用できます。

前提条件

  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。これは、この手順の内容を実行するホストです。
  • IdM 管理者パスワードを把握している。

手順

  1. /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone ディレクトリーに移動します。

    $ cd /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone
  2. インベントリーファイルを開き、設定する IdM サーバーが [ipaserver] セクションに記載されていることを確認します。たとえば、Ansible に対して server.idm.example.com を設定するように指示するには、次のコマンドを実行します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  3. Ansible Playbook ファイルのコピー (dnszone-reverse-from-ip.yml) を作成します。以下に例を示します。

    $ cp dnszone-reverse-from-ip.yml dnszone-reverse-from-ip-copy.yml
  4. dnszone-reverse-from-ip-copy.yml ファイルを開いて編集します。
  5. ipadnszone タスクセクションに以下の変数を設定してファイルを調整します。

    • ipaadmin_password 変数は IdM 管理者パスワードに設定します。
    • name_from_ip 変数は IdM ネームサーバーの IP に設定し、接頭辞の長さを指定します。

      以下は、今回の例で使用するように変更した Ansible Playbook ファイルです。

      ---
      - name: Ensure dnszone present
        hosts: ipaserver
        become: true
      
        tasks:
        - name: Ensure zone for reverse DNS lookup is present.
          ipadnszone:
            ipaadmin_password: Secret123
            name_from_ip: 192.168.1.2/24
            state: present
          register: result
        - name: Display inferred zone name.
          debug:
            msg: "Zone name: {{ result.dnszone.name }}"

    この Playbook は、IP アドレス 192.168.1.2 と接頭辞長 24 をもとに、逆引き DNS ルックアップのゾーンを作成します。次に、Playbook は生成されたゾーン名を表示します。

  6. ファイルを保存します。
  7. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i inventory.file dnszone-reverse-from-ip-copy.yml

関連情報

  • サポート対象の DNS ゾーンタイプ を参照してください。
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/ ディレクトリーの README-dnszone.md ファイルを参照してください。
  • /usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/dnszone ディレクトリーのサンプルの Ansible Playbook を参照してください。