Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.2. Ansible Playbook を使用して IdM ユーザーを存在させる手順

以下の手順では、Ansible Playbook を使用して IdM にユーザーを 1 つ存在させる方法を説明します。

前提条件

  • IdM 管理者パスワードを把握している。
  • Ansible コントローラーに ansible-freeipa パッケージがインストールされている。

手順

  1. inventory.file などのインベントリーファイルを作成して、そのファイルに ipaserver を定義します。

    [ipaserver]
    server.idm.example.com
  2. IdM に存在させるユーザーのデータを指定して Ansible Playbook ファイルを作成します。この手順は、/usr/share/doc/ansible-freeipa/playbooks/user/add-user.yml ファイルのサンプルをコピーして変更し、簡素化できます。たとえば、idm_user という名前のユーザーを作成し、 Password123 をユーザーパスワードとして追加するには、次のコマンドを実行します。

    ---
    - name: Playbook to handle users
      hosts: ipaserver
      become: true
    
      tasks:
      - name: Create user idm_user
        ipauser:
          ipaadmin_password: MySecret123
          name: idm_user
          first: Alice
          last: Acme
          uid: 1000111
          gid: 10011
          phone: "+555123457"
          email: idm_user@acme.com
          passwordexpiration: "2023-01-19 23:59:59"
          password: "Password123"
          update_password: on_create

    ユーザーを追加するには、以下のオプションを使用する必要があります。

    • 名前: ログイン名
    • first: 名前 (名) の文字列
    • last: 名前 (姓) の文字列

    利用可能なユーザーオプションの完全な一覧は、/usr/share/doc/ansible-freeipa/README-user.md Markdown ファイルを参照してください。

    注記

    update_password: on_create オプションを使用する場合には、Ansible はユーザー作成時にのみユーザーパスワードを作成します。パスワードを指定してユーザーが作成されている場合には、Ansible では新しいパスワードは生成されません。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook -v -i path_to_inventory_directory/inventory.file path_to_playbooks_directory/add-IdM-user.yml

検証手順

  • ipa user-show コマンドを使用して、新しいユーザーアカウントが IdM に存在するかどうかを確認できます。

    1. admin として ipaserver にログインします。

      $ ssh admin@server.idm.example.com
      Password:
      [admin@server /]$
    2. admin の Kerberos チケットを要求します。

      $ kinit admin
      Password for admin@IDM.EXAMPLE.COM:
    3. idm_user に関する情報を要求します。

      $ ipa user-show idm_user
        User login: idm_user
        First name: Alice
        Last name: Acme
        ....

    idm_userという名前のユーザー が IdM に存在しています。