Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

31.7. IdM クライアントでの自動マウントの設定

Identity Management (IdM) システム管理者は、IdM クライアントに自動マウントサービスを設定して、クライアントが追加された場所に設定した NFS 共有に、ユーザーがクライアントにログインしたときに IdM ユーザーが自動的にアクセスできるようにすることができます。この例では、raleigh の場所で利用可能な自動マウントサービスを使用するように IdM クライアントを設定する方法を説明します。

前提条件

  • IdM クライアントへの root アクセス権限がある。
  • IdM 管理者としてログインしている。
  • 自動マウントの場所が存在します。サンプルの場所は raleigh です。

手順

  1. IdM クライアントで、ipa-client-automount コマンドを入力して場所を指定します。-U オプションを使用して、スクリプトを無人で実行します。

    # ipa-client-automount --location raleigh -U
  2. autofs サービスを停止し、SSSD キャッシュをクリアし、autofs サービスを開始して新しい設定をロードします。

    # systemctl stop autofs ; sss_cache -E ; systemctl start autofs