第4章 アップグレード前のレポートの確認

システムのアップグレード可能性を評価するには、leapp preupgrade コマンドでアップグレード前のプロセスを開始します。このフェーズでは、Leapp ユーティリティーがシステムに関するデータを収集し、アップグレードの可能性を評価し、アップグレード前のレポートを生成します。アップグレード前のレポートは、潜在的な問題についてまとめ、推奨される解決策を提案します。このレポートは、アップグレードを進めることが可能かどうかの判断にも役立ちます。

注記

アップグレード前の評価ではシステム設定は変更されませんが、/var/lib/leapp ディレクトリーの無視できないサイズの領域が消費されます。ほとんどの場合、アップグレード前の評価には最大 4 GB の領域が必要ですが、実際のサイズはシステム設定によって異なります。ホストされたファイルシステムに十分な領域がない場合、アップグレード前のレポートに完全な分析結果が表示されない可能性があります。問題を防ぐには、システムの /var/lib/leapp ディレクトリーに十分な領域があることを確認するか、領域の消費がシステムの他の部分に影響を与えないようにディレクトリーを専用のパーティションに移動してください。

重要

レポートでアップグレードの阻害要因が見つからない場合でも、必ずアップグレード前レポート全体を確認してください。アップグレード前のレポートには、アップグレードされたシステムが正しく機能することを確認するために、アップグレード前に完了する推奨アクションが含まれています。

インプレースアップグレードプロセスではなく、RHEL 9 システムの新規インストールを実行する場合も、アップグレード前のレポートを確認すると有用です。

次のいずれかの方法を使用して、アップグレード前の段階でアップグレード可能性を評価できます。

  • 生成された leapp-report.txt ファイルのアップグレード前レポートを確認し、コマンドラインインターフェイスを使用して、報告された問題を手動で解決します。
  • Web コンソールを使用してレポートを確認し、利用可能な場合は自動修復を適用し、推奨される修復ヒントを使用して残りの問題を修正します。
注記

たとえば、独自のカスタムスクリプトを使用してアップグレード前のレポートを処理し、異なる環境間にある複数のレポートの結果を比較できます。詳細は Red Hat Enterprise Linux のアップグレード前のレポートワークフローの自動化 を参照してください。

重要

アップグレード前のレポートでは、インプレースアップグレードプロセス全体をシミュレートできないため、システムの阻害要因となる問題をすべて特定することはできません。その結果、レポート内のすべての問題を確認して修正した後でも、インプレースアップグレードが終了する可能性があります。たとえば、アップグレード前のレポートでは、壊れたパッケージのダウンロードに関連する問題は検出できません。

4.1. コマンドラインからの RHEL 8.10 から RHEL 9.4 へのアップグレード可能性の評価

コマンドラインインターフェイスを使用して、RHEL 8.9 から RHEL 9.3 にアップグレードする前の段階で潜在的なアップグレードの問題を特定します。

前提条件

手順

  1. RHEL 8 システムで、アップグレード前のフェーズを実行します。

    # leapp preupgrade
    • アップグレードに /etc/yum.repos.d/ ディレクトリーの カスタムリポジトリー を使用する場合は、以下のように選択したリポジトリーを有効にします。

      # leapp preupgrade --enablerepo <repository_id1> --enablerepo <repository_id2> ...
    • RHSM なしでアップグレード する場合、または RHUI を使用する場合は、--no-rhsm オプションを追加します。
    • Extended Upgrade Support (EUS)、Advanced Update Support (AUS)、または Update Services for SAP Solutions (E4S) のサブスクリプションがある場合は、--channel <channel> オプションを追加します。<channel> はチャネル名 (例: eusause4s) に置き換えます。SAP HANA を利用している場合は、SAP 環境の RHEL 8 から RHEL 9 へのアップグレード ガイドを使用してインプレースアップグレードを実行する必要があることに注意してください。
    • Red Hat OpenStack Platform で RHEL for Real Time または Real Time for Network Functions Virtualization (NFV) を使用している場合は、--enablerepo オプションを使用してデプロイメントを有効にします。以下に例を示します。

      # leapp preupgrade --enablerepo rhel-9-for-x86_64-rt-rpms

      詳細は、Real-time Compute の設定 を参照してください。

  2. /var/log/leapp/leapp-report.txt ファイル内のレポートを調べて、報告されたすべての問題を手動で解決します。報告された問題の中には、修正の提案が含まれているものもあります。阻害 要因の問題があると、それを解決するまでアップグレードできません。

    レポートには次のリスク因子レベルが含まれます。

    High
    システム状態が悪化する可能性が非常に高い
    システムとアプリケーションの両方に影響を与える可能性がある
    Low
    システムに影響はないが、アプリケーションに影響を与える可能性がある
    Info
    システムまたはアプリケーションへの影響がないと考えられる情報
  3. 特定のシステム設定では、Leapp ユーティリティーは手動で回答する必要がある True/false の質問表を生成します。アップグレード前のレポートに Missing required answers in the answer file のメッセージが含まれる場合は、次の手順を実行します。

    1. /var/log/leapp/answerfile ファイルを開き、true または false の質問を確認します。
    2. /var/log/leapp/answerfile ファイルを手動で編集し、# 記号を削除してファイルの確認行のコメントを解除し、True または False として回答を確定します。詳細は、Leapp 回答ファイル を参照してください。

      注記

      または、以下のコマンドを実行して、True/false の質問に回答できます。

      # leapp answer --section <question_section>.<field_name>=<answer>

      たとえば、Are all VDO devices, if any, successfully converted to LVM management? という質問に対して True の回答を確定するには、以下のコマンドを実行します。

      # leapp answer --section check_vdo.confirm=True
  4. 前の手順を繰り返してアップグレード前レポートを再実行し、すべての重要な問題が解決されたことを確認します。