8.4. USBGuard ポリシーの確認

USBGuard ソフトウェアフレームワークを使用すると、カーネルの USB デバイス認証機能に基づいて、許可されているデバイスおよび禁止されているデバイスのリストを使用して、侵入型 USB デバイスからシステムを保護できます。

前提条件

  • アップグレードの前に、シナリオの要件を反映した USB デバイス用のルールセットを作成している。
  • usbguard サービスが RHEL 9 システムにインストールされ、実行されている。

手順

  1. /etc/usbguard ディレクトリーに保存されている *.conf ファイルをバックアップします。
  2. usbguard generate-policy を使用して、新しいポリシーファイルを生成します。このコマンドは、現在存在する USB デバイスのルールのみを生成することに注意してください。
  3. 新たに生成されたルールを、以前のポリシーのルールと比較します。

    1. 新しいポリシーを生成したときに存在したデバイスのルールと、同じデバイスのアップグレード前のルールに違いがあることが確認された場合、後で挿入される可能性のあるデバイスについても、元のルールを相応に修正する必要があります。
    2. 新規生成されたルールとアップグレード前のルールに違いがない場合は、RHEL8 で作成されたポリシーファイルを変更せずに使用できます。