2.2. RHEL 8.8 から RHEL 9.2 へのアップグレードの計画

インプレースアップグレードは、システムを RHEL の次のメジャーバージョンにアップグレードする方法です。この方法は、推奨され、サポートされています。

RHEL 9.2 にアップグレードする前に、以下を考慮する必要があります。

  • オペレーティングシステム - オペレーティングシステムは、以下の条件下で Leapp ユーティリティーでアップグレードが可能です。

    • ソース OS のバージョンは、以下のサポートされるアーキテクチャーのいずれかを持つシステムにインストールされています。

      • 64 ビット Intel、AMD、および ARM
      • IBM POWER (リトルエンディアン)
      • 64 ビット IBM Z

        詳細は、Red Hat certified hardware を参照してください。

    • RHEL 9 の最小 ハードウェア要件 が満たされている。
    • 選択したソースおよびターゲット OS バージョンの最新コンテンツにアクセスできる。詳細は、アップグレードに向けた RHEL 8 システムの準備 を参照してください。
  • アプリケーション - Leapp を使用して、システムにインストールされているアプリケーションを移行できます。ただし、特定のケースでは、アップグレード時に Leapp が実行するアクションを指定するカスタムアクターを作成する必要があります。たとえば、アプリケーションの再設定や特定のハードウェアドライバーのインストールなどです。詳細は、Handling the migration of your custom and third-party applications を参照してください。Red Hat は、カスタムアクターに対応していません。

    重要

    SHA-1 アルゴリズムは RHEL 9 で非推奨となりました。システムに RSA/SHA-1 署名を持つパッケージが含まれている場合、アップグレードは禁止されます。アップグレードする前に、これらのパッケージを削除するか、RSA/SHA-256 署名を含むパッケージについてベンダーに問い合わせてください。詳細は、SHA-1 deprecation in Red Hat Enterprise Linux 9 を参照してください。

  • セキュリティー - アップグレード前にこの要素を評価し、アップグレードプロセスの完了時に追加の手順を実行する必要があります。特に以下の点を考慮してください。

    • アップグレードの前に、システムが準拠しなければならないセキュリティー標準を定義し、RHEL 9 におけるセキュリティーの変更 について理解してください。
    • Leapp ユーティリティーは、アップグレードプロセス時に SELinux モードを Permissive に設定します。
    • Leapp は、連邦情報処理標準 (FIPS) 140 モードの RHEL 8.8 以降のシステムから RHEL 9 FIPS モード対応システムへのインプレースアップグレードをサポートしています。FIPS モード は、完全なアップグレードプロセス中も有効なままになります。
    • アップグレードが完了したら、セキュリティーポリシーを再評価し、再適用します。セキュリティーポリシーの適用および更新の詳細は、セキュリティーポリシーの適用 を参照してください。
  • ストレージおよびファイルシステム - アップグレードする前に、必ずシステムのバックアップを作成してください。たとえば、Relax-and-Recover (ReaR) ユーティリティー、LVM スナップショットRAID 分割、または仮想マシンスナップショットを使用できます。

    注記

    ファイルシステム形式はそのままです。つまり、ファイルシステムには最初に作成されたときと同じ制限があります。

  • 高可用性 - 高可用性アドオンを使用している場合は、ナレッジベース記事 Recommended Practices for Applying Software Updates to a RHEL High Availability or Resilient Storage Cluster に従ってください。
  • ダウンタイム - アップグレードプロセスには数分から数時間かかる場合があります。
  • Satellite - Satellite を介してホストを管理する場合は、Satellite Web UI を使用して、RHEL 8 から RHEL 9 に複数のホストを同時にアップグレードできます。詳細は、次の Red Hat Enterprise Linux メジャーリリースへのホストのアップグレード を参照してください。
  • SAP HANA - SAP HANA を使用している場合は、代わりに SAP 環境の RHEL 8 から RHEL 9 へのアップグレード ガイドに従ってください。SAP HANA を使用した RHEL のアップグレードパスは異なる場合があることに注意してください。
  • Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (EAP) - JBoss EAP は RHEL 9 へのアップグレードではサポートされません。アップグレード後に、システムに手動で JBoss EAP をインストールして設定する必要があります。詳細は、In-place Migrating of Jboss EAP and websphere servers along with Linux using leapp utility を参照してください。
  • パブリッククラウド: インプレースアップグレードは、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform のオンデマンドインスタンスでのみ、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) を使用するオンデマンド Pay-As-You-Go (PAYG) インスタンスでサポートされます。インプレースアップグレードは、RHEL サブスクリプションに RHSM を使用するすべてのパブリッククラウドの Bring Your Own Subscription インスタンスでもサポートされます。
  • 言語: すべての Leapp のレポート、ログ、その他の生成されたドキュメントは、言語設定に関わらず、英語で表示されます。
  • ブートローダー - RHEL 8 または RHEL 9 のブートローダーを BIOS から UEFI に切り替えることはできません。RHEL 8 システムで BIOS を使用し、RHEL 9 システムでは UEFI を使用する必要がある場合は、インプレースアップグレードの代わりに RHEL 9 の新規インストールを実行します。詳細は、Is it possible to switch the BIOS boot to UEFI boot on preinstalled Red Hat Enterprise Linux machine? を参照してください。
  • 既知の制限 - 現在、Leapp の注目すべき既知の制限には以下が含まれます。

    • 現在、ディスク全体またはパーティションの暗号化、またはファイルシステムの暗号化は、インプレースアップグレードの対象となるシステムでは使用できません。
    • イーサネットまたは Infiniband を使用するネットワークベースのマルチパスおよびネットワークストレージは、アップグレードではサポートされていません。これには、FCoE を使用した SAN と FC を使用した SAN からの起動が含まれます。FC を使用した SAN はサポートされていることに注意してください。
    • 現在、インプレースアップグレードは、RHEL サブスクリプションに Red Hat Update Infrastructure を使用して Red Hat Subscription Manager (RHSM) を使用しない、残りのパブリッククラウドのオンデマンドインスタンスではサポートされません。
    • インプレースアップグレードは、Ansible Tower を含む Ansible 製品がインストールされているシステムではサポートされません。RHEL 9 で RHEL 8 Ansible Tower インストールを使用するには、How do I migrate my Ansible Automation Platform installation from one environment to another? (ナレッジベースのソリューション記事) を参照してください。

既知の問題 も参照してください。

Red Hat Insights を使用して、Insights に登録したどのシステムが RHEL 9 に対する対応アップグレードパスであるかを確認できます。これを行うには、Insights の該当する Advisor 推奨事項 に移動し、Actions ドロップダウンメニューで推奨事項を有効にして、Affected system の見出しにあるリストを確認します。Advisor 推奨は RHEL 8 マイナーバージョンのみを考慮し、システムのアップグレード前の評価は行わないことに注意してください。advisor サービスの推奨事項の概要 も参照してください。