第5章 アップグレードの実行

準備手順を完了し、アップグレード前のレポートで見つかった問題を確認および解決したら、システムでインプレースアップグレードを実行できます。

5.1. RHEL 8.10 から RHEL 9.4 へのアップグレードの実行

この手順では、Leapp ユーティリティーを使用して RHEL 8.9 から RHEL 9.3 へのアップグレードを実行するために必要なステップを説明します。

前提条件

手順

  1. RHEL 8 システムで、アップグレードプロセスを開始します。

    # leapp upgrade
    • アップグレードに /etc/yum.repos.d/ ディレクトリーの カスタムリポジトリー を使用する場合は、以下のように選択したリポジトリーを有効にします。

      # leapp upgrade --enablerepo <repository_id1> --enablerepo <repository_id2> ...
    • RHSM なしでアップグレード する場合、または RHUI を使用する場合は、--no-rhsm オプションを追加します。
    • ISO イメージを使用してアップグレードする場合は、--no-rhsm および --iso <file_path> オプションを追加します。<file_path> は、保存された ISO イメージへのファイルパス (/home/rhel9.iso など) に置き換えます。
    • Extended Upgrade Support(EUS)、Advanced Update Support(AUS)、または Update Services for SAP Solutions(E4S) のサブスクリプションがある場合は、--channel channel オプションを追加します。<channel>leapp preupgrade コマンドで使用した値 (eusause4s など) に置き換えます。leapp preupgrade および leapp upgrade コマンドの両方で、--channel オプションで同じ値を使用する必要があります。
    • Red Hat OpenStack Platform で RHEL for Real Time または Real Time for Network Functions Virtualization (NFV) を使用している場合は、--enablerepo オプションを使用してデプロイメントを有効にします。以下に例を示します。

      # leapp upgrade --enablerepo rhel-9-for-x86_64-rt-rpms

      詳細は、Real-time Compute の設定 を参照してください。

  2. アップグレードプロセスの開始時に、Leapp は、アップグレード前のレポートの確認 で説明されているアップグレード前のフェーズを実行します。

    • システムをアップグレードできる場合は、Leapp が必要なデータをダウンロードし、アップグレード用の RPM トランザクションを作成します。
    • システムで、信頼できるアップグレードの設定要因が満たされていない場合は、Leapp がアップグレードプロセスを中止し、問題を説明する記録と、推奨される解決策を /var/log/leapp/leapp-report.txt ファイルに出力します。詳細は、Troubleshooting を参照してください。
  3. システムを手動で再起動します。

    # reboot

    このフェーズでは、システムは RHEL 9 ベースの初期 RAM ディスクイメージ initramfs で起動します。Leapp は、すべてのパッケージをアップグレードして、自動的に RHEL 9 システムを再起動します。

    または、--reboot オプションを指定して leapp upgrade コマンドを実行し、この手動の手順を省略することもできます。

    障害が発生した場合は、トラブルシューティング で説明されているように、ログと既知の問題を調査してください。

  4. RHEL 9 システムにログインし、アップグレード後の状態の確認 の説明に従ってその状態を確認します。
  5. アップグレードレポートおよび アップグレード後のタスクの実行 で説明されているすべてのアップグレード後のタスクを実行します。