第1章 サポート対象のアップグレードパス

インプレースアップグレードは、システムの RHEL 8 オペレーティングシステムを RHEL 9 バージョンに置き換えます。

重要

RHEL 7 から RHEL 9 へのインプレースアップグレードを直接実行することはできません。ただし、RHEL 7 から RHEL 8 へのインプレースアップグレードを実行してから、RHEL 9 への 2 回目のインプレースアップグレードを実行することはできます。詳細は、RHEL7 から RHEL8 へのアップグレードを 参照してください。

現在、以下のソースの RHEL 8 マイナーバージョンから、以下のターゲットの RHEL 9 マイナーバージョンへインプレースアップグレードを実行できます。

表1.1 サポート対象のアップグレードパス

システムの設定ソース OS バージョンターゲット OS バージョンサポート終了日

RHEL

RHEL 8.6

RHEL 9.0

2024 年 5 月 31 日 (EUS)

RHEL 8.8

RHEL 9.2

2025 年 5 月 31 日 (EUS)

RHEL 8.9

RHEL 9.3

2024 年 5 月 31 日

RHEL with SAP HANA

RHEL 8.6

RHEL 9.0

2024 年 5 月 31 日 (EUS)

RHEL 8.8

RHEL 9.2

2025 年 5 月 31 日 (EUS)

サポート対象のアップグレードパスの詳細は、Supported in-place upgrade paths for Red Hat Enterprise Linux を参照してください。