Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 レプリカトポロジーの最適化

堅牢なレプリカトポロジーにより、ワークロードが分散し、レプリカの遅延が低減します。以下のガイドラインに従って、レプリカトポロジーのレイアウトを最適化します。

4.1. 適切なレプリカ数の決定

各データセンターに少なくとも 2 つのレプリカを設定 (必須要件ではありません)
データセンターは、たとえば、本社または地理的な位置 (領域) に置かれます。
クライアントにサービスを提供するために十分な数のサーバーを設定
1 台の Identity Management (IdM) サーバーで 2000 ~ 3000 台のクライアントにサービスを提供できます。ここでは、クライアントがサーバーに対して 1 日に複数回クエリーする (毎分ではありません) ことを想定しています。より頻繁なクエリーが予想される場合は、より多くのサーバーを計画してください。
十分な数の認証局 (CA) レプリカを設定します。
CA ロールがインストールされているレプリカのみが、証明書データを複製できます。IdM CA を使用する場合は、環境に、証明書のレプリカ合意がある CA レプリカが 2 つ以上あることを確認します。
1 つの IdM ドメインに最大 60 台のレプリカを設定
Red Hat は、最大 60 のレプリカを持つ環境に対応します。