第1章 IdM のチューニングにおける重要な考慮事項

Identity Management のコンポーネントサービスは、ほとんどのデプロイメントで最適に機能するように調整されています。システム管理者は、特定の環境でのニーズに合わせて、IdM サービスのパフォーマンスを調整できます。

重要な留意事項

  • IdM デプロイメントはそれぞれ、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、データ、ワークロード、およびその他の要因を一意に組み合わせます。ある環境で調整が有効であっても、別の環境では悪影響がある場合があります。
  • パフォーマンスの調整は、反復的で実験的なプロセスです。Red Hat は、1 回に調整する変数は 1 つだけにして、ご使用の環境への影響を監視することを推奨します。変数 1 つの調整で目的とする結果が得られた場合には、これまでの調整によるパフォーマンスの監視を継続しつつ、次の変数を調整します。