Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第8章 大規模な IdM-AD 信頼デプロイメントのための SSSD パフォーマンスの調整

ユーザーおよびグループ情報の取得は、特に AD (System Security Services Daemon) ドメイン、つまり大規模な Active Directory (AD) ドメインへの信頼を持つ IdM デプロイメントでは、データ集中型の操作です。SSSDがアイデンティティプロバイダーから取得する情報とその期間を調整することで、このパフォーマンスを向上させることができます。

8.1. 大規模な IdM-AD 信頼デプロイメント向けの IdM サーバーでの SSSD の調整

この手順では、IdM サーバーで SSSD サービスの設定に調整オプションを適用して、大規模な AD 環境から情報を取得する際の応答時間を改善します。

前提条件

  • /etc/sssd/sssd.conf 設定ファイルを編集するには、root のパーミッションが必要です。

手順

  1. テキストエディターで /etc/sssd/sssd.conf 設定ファイルを開きます。
  2. Active Directory ドメインの [ドメイン] に次のオプションを追加します。AD ドメインのドメインセクションがない場合は、作成します。

    [domain/ad.example.com]
    ignore_group_members = true
    subdomain_inherit = ignore_group_members
    ...
  3. サーバー上の /etc/sssd/sssd.conf ファイルを保存して閉じます。
  4. SSSD サービスを再起動して、設定の変更を読み込みます。

    [root@client ~]# systemctl restart sssd