Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第7章 KDC のパフォーマンスの調整

次のセクションでは、ユーザー、ホスト、およびサービスの認証を担当する Kerberos Key Distribution Center (KDC) のパフォーマンスを調整する方法を説明します。

7.1. KDC リッスンキューの長さの調整

/var/kerberos/krb5kdc/kdc.conf ファイルの [kdcdefaults] セクションで kdc_tcp_listen_backlog オプションを設定することにより、KDC デーモンのリッスンキューの長さのサイズを調整できます。5 のデフォルト値は、大量の Kerberos トラフィックが発生する IdM デプロイメントでは低すぎる可能性がありますが、この値を高く設定しすぎるとパフォーマンスが低下します。

デフォルト値

5

有効範囲

1 - 10

手順

  1. テキストエディターで /var/kerberos/krb5kdc/kdc.conf を開きます。
  2. TCP リッスンバックログを 7 などの目的の値に設定します。

    [kdcdefaults]
     ...
     kdc_tcp_listen_backlog = 7
  3. /var/kerberos/krb5kdc/kdc.conf ファイルを保存して閉じます。
  4. KDC を再起動して、新しい設定を読み込みます。