Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.4. krb5kdc プロセス数の調整

この手順では、Key Distribution Center (KDC) が着信接続の処理を開始するプロセスの数を手動で調整する方法を説明します。

デフォルトでは、IdM インストーラーは CPU コアの数を検出し、その値を /etc/sysconfig/krb5kdc ファイルに入力します。たとえば、ファイルには次のエントリーが含まれている場合があります。

KRB5KDC_ARGS='-w 2'
[...]

この例では、KRB5KDC_ARGS パラメーターを -w 2 に設定すると、KDC は 2 つの別個のプロセスを開始して、メインプロセスからの着信接続を処理します。特に、要件に基づいて仮想 CPU の数を簡単に追加または削除できる仮想環境では、この値を調整することが推奨されます。ポート 88 の TCP/IP キューが増え続けてパフォーマンスの問題が発生したり、IdM サーバーが応答しなくなったりするのを防ぐには、KRB5KDC_ARGS パラメーターを手動で高い値に設定して、より多くのプロセスをシミュレートします。

手順

  1. /etc/sysconfig/krb5kdc ファイルをテキストエディターで開きます。
  2. KRB5KDC_ARGS パラメーターの値を指定します。この例では、プロセスの数を 10 に設定しています。

    KRB5KDC_ARGS='-w 10'
    [...]
  3. /etc/sysconfig/krb5kdc ファイルを保存して閉じます。
  4. systemd 設定をリロードします。

    # systemctl daemon-reload
  5. krb5kdc サービスを再起動します。

    # systemctl restart krb5kdc.service