Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.5. 正規化された DN キャッシュサイズの調整

重要

Red Hat は、パフォーマンスを最適化するために、内蔵キャッシュの自動サイズ設定機能を使用することを推奨します。オートチューニングした値から意図的に逸脱する必要がある場合に限り、この値を変更してください。

nsslapd-ndn-cache-max-size 属性は、正規化識別名 (NDN) を保存するキャッシュのサイズ (バイト) を制御します。この値を上げると、頻繁に使用される DN がメモリー内に保持されます。

デフォルト値

20971520 (20 MB)

有効範囲

0 - 2147483647

エントリー DN の場所

cn=config

前提条件

  • LDAP Directory Manager のパスワード

手順

  1. NDN キャッシュが有効になっていることを確認します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-ndn-cache-enabled
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-ndn-cache-enabled: on

    キャッシュが off の場合は、次のコマンドを使用して有効にします。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-ndn-cache-enabled=on
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    Successfully replaced "nsslapd-ndn-cache-enabled"
  2. nsslapd-ndn-cache-max-size パラメーターの現在値を取得し、メモを取ってから、調整を行ってください (復元が必要な場合)。プロンプトが表示されたら、Directory Manager のパスワードを入力します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-ndn-cache-max-size
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-ndn-cache-max-size: 20971520
  3. nsslapd-ndn-cache-max-size 属性の値を変更します。この例では、数値を 41943040 (40MB) に上げています。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-ndn-cache-max-size=41943040
  4. IdM ディレクトリーサーバーのパフォーマンスを監視します。望ましい方法で変更が行われない場合は、この手順を繰り返してnsslapd-ndn-cache-max-size を別の値に調整するか、キャッシュの自動サイズ設定を再度有効にします。

検証手順

  • nsslapd-ndn-cache-max-size 属性の新しい値を表示し、目的の値に設定されていることを確認します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-ndn-cache-max-size
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-ndn-cache-max-size: 41943040

関連情報