Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.9. データベースロックの最大数の調整

ロックメカニズムは、Directory Server プロセスが同時に実行できるコピー数を制御し、nsslapd-db-locks パラメーターはロックの最大数を設定します。

/var/log/dirsrv/slapd-instance_name/errors ログファイルに以下のエラーメッセージが表示された場合は、ロックの上限を引き上げます。

libdb: Lock table is out of available locks

デフォルト値

50000 ロック

有効範囲

0 - 2147483647

エントリー DN の場所

cn=bdb,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config

前提条件

  • LDAP Directory Manager のパスワード

手順

  1. nsslapd-db-locks パラメーターの現在値を取得し、メモを取ってから、調整を行ってください (復元が必要な場合)。

    [root@server ~]# ldapsearch -D "cn=directory manager" -w DirectoryManagerPassword -b "cn=bdb,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config" | grep nsslapd-db-locks
    nsslapd-db-locks: 50000
  2. locks の値を変更します。この例では、値を 100000 ロック の倍にしています。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com backend config set --locks=100000
  3. Directory Manager として認証して、設定を変更します。

    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    Successfully updated database configuration
  4. Directory Server を再起動します。

    [root@server ~]# systemctl restart dirsrv.target

検証手順

  • nsslapd-db-locks 属性の値を表示し、目的の値に設定されていることを確認します。

    [root@server ~]# ldapsearch -D "cn=directory manager" -w DirectoryManagerPassword -b "cn=bdb,cn=config,cn=ldbm database,cn=plugins,cn=config" | grep nsslapd-db-locks
    nsslapd-db-locks: 100000

関連情報