Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.10. 入出力ブロックのタイムアウト調整

nsslapd-ioblocktimeout 属性は、停止している LDAP クライアントへの接続を閉じるまでの時間をミリ秒単位で設定します。読み取り操作または書き込み操作で I/O の進捗がなかった場合、LDAP クライアントは停止していると見なされます。

接続をより早く解放するには、nsslapd-ioblocktimeout アトリビュートの値を下げる必要があります。

デフォルト値

10000 ミリ秒

有効範囲

0 - 2147483647

エントリー DN の場所

cn=config

前提条件

  • LDAP Directory Manager のパスワード

手順

  1. nsslapd-ioblocktimeout パラメーターの現在値を取得し、メモを取ってから、調整を行ってください (復元が必要な場合)。プロンプトが表示されたら、Directory Manager のパスワードを入力します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-ioblocktimeout
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-ioblocktimeout: 10000
  2. nsslapd-ioblocktimeout 属性の値を変更します。この例では、値を 8000 に下げています。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-ioblocktimeout=8000
  3. Directory Manager として認証して、設定を変更します。

    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    Successfully replaced "nsslapd-ioblocktimeout"
  4. IdM ディレクトリーサーバーのパフォーマンスを監視します。適切な変更が行われない場合は、この手順を繰り返し nsslapd-ioblocktimeout を別の値に調整するか、10000 の既定値に戻します。

検証手順

  • nsslapd-ioblocktimeout 属性の値を表示し、目的の値に設定されていることを確認します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-ioblocktimeout
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-idletimeout: 8000

関連情報