Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

6.8. 接続バックログサイズの調整

listen サービスは、着信接続の受信に使用できるソケット数を設定します。nsslapd-listen-backlog-size は、接続を拒否するまでの sockfd ソケットのキューの最大長を設定します。

大量の接続を処理する場合は、nsslapd-listen-backlog-size の値を大きくすることを検討してください。

デフォルト値

128 キュースロット

有効範囲

0 - 9223372036854775807

エントリー DN の場所

cn=config

前提条件

  • LDAP Directory Manager のパスワード

手順

  1. nsslapd-listen-backlog-size パラメーターの現在値を取得し、メモを取ってから、調整を行ってください (復元が必要な場合)。プロンプトが表示されたら、Directory Manager のパスワードを入力します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-listen-backlog-size
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-listen-backlog-size: 128
  2. nsslapd-listen-backlog-size 属性の値を変更します。この例では、数値を 192 に上げています。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config replace nsslapd-listen-backlog-size=192
  3. Directory Manager として認証して、設定を変更します。

    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    Successfully replaced "nsslapd-listen-backlog-size"

検証手順

  • nsslapd-listen-backlog-size 属性の値を表示し、目的の値に設定されていることを確認します。

    [root@server ~]# dsconf -D "cn=Directory Manager" ldap://server.example.com config get nsslapd-listen-backlog-size
    Enter password for cn=Directory Manager on ldap://server.example.com:
    nsslapd-listen-backlog-size: 192

関連情報