11.18. nbde_client RHEL システムロールを使用した複数の Clevis クライアントのセットアップ

nbde_client RHEL システムロールを使用すると、Clevis クライアント設定を含む Ansible Playbook を複数のシステムで準備および適用できます。

注記

nbde_client システムロールは、Tang バインディングのみをサポートします。したがって、TPM2 バインディングには使用できません。

前提条件

  • 制御ノードと管理ノードを準備している
  • 管理対象ノードで Playbook を実行できるユーザーとしてコントロールノードにログインしている。
  • 管理対象ノードへの接続に使用するアカウントに、そのノードに対する sudo 権限がある。

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    - hosts: managed-node-01.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.nbde_client
      vars:
        nbde_client_bindings:
          - device: /dev/rhel/root
            encryption_key_src: /etc/luks/keyfile
            servers:
              - http://server1.example.com
              - http://server2.example.com
          - device: /dev/rhel/swap
            encryption_key_src: /etc/luks/keyfile
            servers:
              - http://server1.example.com
              - http://server2.example.com

    このサンプル Playbook は、2 台の Tang サーバーのうち少なくとも 1 台が利用可能な場合に、LUKS で暗号化した 2 つのボリュームを自動的にアンロックするように Clevis クライアントを設定します。

    nbde_client システムロールは、動的ホスト設定プロトコル (DHCP) を使用する場合のみをサポートします。静的 IP 設定のクライアントに NBDE を使用するには、次の Playbook を使用します。

    - hosts: managed-node-01.example.com
      roles:
        - rhel-system-roles.nbde_client
      vars:
        nbde_client_bindings:
          - device: /dev/rhel/root
            encryption_key_src: /etc/luks/keyfile
            servers:
              - http://server1.example.com
              - http://server2.example.com
          - device: /dev/rhel/swap
            encryption_key_src: /etc/luks/keyfile
            servers:
              - http://server1.example.com
              - http://server2.example.com
      tasks:
        - name: Configure a client with a static IP address during early boot
          ansible.builtin.command:
            cmd: grubby --update-kernel=ALL --args='GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="ip={{ <ansible_default_ipv4.address> }}::{{ <ansible_default_ipv4.gateway> }}:{{ <ansible_default_ipv4.netmask> }}::{{ <ansible_default_ipv4.alias> }}:none"'

    この Playbook の <ansible_default_ipv4.*> 文字列は、ネットワークの IP アドレス (ip={{ 192.0.2.10 }}::{{ 192.0.2.1 }}:{{ 255.255.255.0 }}::{{ ens3 }}:none) に置き換えます。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

関連情報