7.5. SSG Ansible Playbook を使用して、特定のベースラインに合わせてシステムを修正する

SCAP Security Guide プロジェクトの Ansible Playbook ファイルを使用して、特定のベースラインに合わせてシステムを修正できます。この例では Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) プロファイルを使用していますが、SCAP Security Guide で提供されている他のプロファイルに合わせて修正することもできます。使用可能なプロファイルのリストの詳細は、設定コンプライアンスのプロファイルの表示 を参照してください。

警告

修正 オプションが有効な状態でのシステム評価は、慎重に行わないとシステムが機能不全に陥る場合があります。Red Hat は、セキュリティーを強化した修正で加えられた変更を元に戻す自動手段は提供していません。修復は、デフォルト設定の RHEL システムで対応しています。インストール後にシステムが変更した場合は、修正を実行しても、必要なセキュリティープロファイルに準拠しない場合があります。

前提条件

  • scap-security-guide パッケージがインストールされている。
  • ansible-core パッケージがインストールされている。詳細は、Ansible インストールガイドを参照してください。
注記

RHEL 8.6 以降では、Ansible Engine は、ビルトインモジュールのみを含む ansible-core パッケージに置き換えられました。Ansible 修復の多くは、community コレクションおよび Portable Operating System Interface (POSIX) コレクションのモジュールを使用することに注意してください。これは組み込みモジュールには含まれていません。この場合は、Ansible 修復の代わりに Bash 修復を使用できます。RHEL 9 の Red Hat Connector には、Ansible Core で修復 Playbook を機能させるために必要な Ansible モジュールが含まれています。

手順

  1. Ansible を使用して OSPP に合わせてシステムを修正します。

    # ansible-playbook -i localhost, -c local /usr/share/scap-security-guide/ansible/rhel9-playbook-hipaa.yml
  2. システムを再起動します。

検証

  1. システムの OSPP プロファイルへのコンプライアンスを評価し、スキャン結果を ospp_report.html ファイルに保存します。

    # oscap xccdf eval --profile hipaa --report hipaa_report.html /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel9-ds.xml

関連情報