8.5. keylime_server RHEL システムロールの変数

keylime_server RHEL システムロールを使用して Keylime サーバーをセットアップする場合、registrar と verifier の次の変数をカスタマイズできます。

Keylime verifier を設定するための keylime_server RHEL システムロール変数のリスト

keylime_server_verifier_ip
verifier の IP アドレスを定義します。
keylime_server_verifier_tls_dir
キーと証明書が保存されるディレクトリーを指定します。デフォルトに設定されている場合、verifier は /var/lib/keylime/cv_ca ディレクトリーを使用します。
keylime_server_verifier_server_key_passphrase
サーバーの秘密鍵を復号化するためのパスフレーズを指定します。値が空の場合、秘密鍵は暗号化されません。

keylime_server_verifier_server_cert: Keylime verifier サーバー証明書ファイルを指定します。

keylime_server_verifier_trusted_client_ca
信頼できるクライアント CA 証明書のリストを定義します。ファイルは、keylime_server_verifier_tls_dir オプションで設定されたディレクトリーに保存する必要があります。
keylime_server_verifier_client_key
Keylime verifier のクライアントの秘密鍵を含むファイルを定義します。
keylime_server_verifier_client_key_passphrase
クライアントの秘密鍵ファイルを復号化するためのパスフレーズを定義します。値が空の場合、秘密鍵は暗号化されません。
keylime_server_verifier_client_cert
Keylime verifier クライアント証明書ファイルを定義します。
keylime_server_verifier_trusted_server_ca
信頼できるサーバー CA 証明書のリストを定義します。ファイルは、keylime_server_verifier_tls_dir オプションで設定されたディレクトリーに保存する必要があります。

keylime_server RHEL システムロールをセットアップするための registrar 変数のリスト

keylime_server_registrar_ip
registrar の IP アドレスを定義します。
keylime_server_registrar_tls_dir
registrar のキーと証明書を保存するディレクトリーを指定します。デフォルトに設定すると、registrar は /var/lib/keylime/reg_ca ディレクトリーを使用します。
keylime_server_registrar_server_key
Keylime registrar のプライベートサーバーキーファイルを定義します。
keylime_server_registrar_server_key_passphrase
registrar のサーバー秘密鍵を復号化するためのパスフレーズを指定します。値が空の場合、秘密鍵は暗号化されません。
keylime_server_registrar_server_cert
Keylime registrar サーバー証明書ファイルを指定します。
keylime_server_registrar_trusted_client_ca
信頼できるクライアント CA 証明書のリストを定義します。ファイルは、keylime_server_registrar_tls_dir オプションで設定されたディレクトリーに保存する必要があります。