3.9. SHA-1 を再度有効に

署名を作成および検証するための SHA-1 アルゴリズムの使用は、DEFAULT 暗号化ポリシーで制限されています。シナリオで既存またはサードパーティーの暗号署名を検証するために SHA-1 を使用する必要がある場合は、RHEL 9 がデフォルトで提供する SHA1 サブポリシーを適用することで有効にできます。システムのセキュリティーが弱くなることに注意してください。

前提条件

  • このシステムは、DEFAULT システム全体の暗号化ポリシーを使用します。

手順

  1. SHA1 サブポリシーを DEFAULT 暗号化ポリシーに適用します。

    # update-crypto-policies --set DEFAULT:SHA1
    Setting system policy to DEFAULT:SHA1
    Note: System-wide crypto policies are applied on application start-up.
    It is recommended to restart the system for the change of policies
    to fully take place.
  2. システムを再起動します。

    # reboot

検証

  • 現在の暗号化ポリシーを表示します。

    # update-crypto-policies --show
    DEFAULT:SHA1
重要

update-crypto-policies --set LEGACY コマンドを使用して LEGACY 暗号化ポリシーに切り替えると、署名に対して SHA-1 も有効になります。ただし、LEGACY 暗号化ポリシーは、他の弱い暗号化アルゴリズムも有効にすることで、システムをはるかに脆弱にします。この回避策は、SHA-1 署名以外のレガシー暗号化アルゴリズムを有効にする必要があるシナリオでのみ使用してください。