12.8. 標準に準拠するための事前設定された Audit ルールファイル

特定の認定標準 (OSPP、PCI DSS、STIG など) に準拠するように Audit を設定するには、audit パッケージとともにインストールされる事前設定済みルールファイルのセットを出発点として使用できます。サンプルルールは、/usr/share/audit/sample-rules ディレクトリーにあります。

警告

セキュリティー標準は動的であり、変更される可能性があるため、sample-rules ディレクトリー内の Audit サンプルルールは網羅的なものではなく、最新のものでもありません。これらのルールは、Audit ルールがどのように構造化および記述されるかを示すためにのみ提供されています。これらは、最新のセキュリティー標準に即時に準拠することを保証するものではありません。特定のセキュリティーガイドラインに従ってシステムを最新のセキュリティー標準に準拠させるには、SCAP ベースのセキュリティーコンプライアンスツール を使用してください。

30-nispom.rules
NISPOM (National Industrial Security Program Operating Manual) の Information System Security の章で指定している要件を満たす Audit ルール設定
30-ospp-v42*.rules
OSPP (Protection Profile for General Purpose Operating Systems) プロファイルバージョン 4.2 に定義されている要件を満たす監査ルール設定
30-pci-dss-v31.rules
PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard) v3.1 に設定されている要件を満たす監査ルール設定
30-stig.rules
セキュリティー技術実装ガイド (STIG: Security Technical Implementation Guide) で設定されている要件を満たす Audit ルール設定

上記の設定ファイルを使用するには、/etc/audit/rules.d/ ディレクトリーにコピーして、以下のように augenrules --load コマンドを使用します。

# cd /usr/share/audit/sample-rules/
# cp 10-base-config.rules 30-stig.rules 31-privileged.rules 99-finalize.rules /etc/audit/rules.d/
# augenrules --load

番号指定スキームを使用して監査ルールを順序付けできます。詳細は、/usr/share/audit/sample-rules/README-rules ファイルを参照してください。

関連情報

  • audit.rules(7) man ページ