7.6. システムを特定のベースラインに合わせるための修復用 Ansible Playbook の作成

以下の手順に従って、必要な修復のみを含む Ansible Playbook を作成し、システムを特定のベースラインに合わせます。この例では、Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) プロファイルを使用します。この手順では、要件を満たしていない小規模の Playbook を作成します。以下の手順に従うと、システムを変更せずに、後のアプリケーション用にファイルの準備を行うだけです。

注記

RHEL 9 では、Ansible Engine は、組み込みモジュールのみを含む ansible-core パッケージに置き換えられました。Ansible 修復の多くは、community コレクションおよび Portable Operating System Interface (POSIX) コレクションのモジュールを使用することに注意してください。これは組み込みモジュールには含まれていません。この場合は、Bash 修復を Ansible 修復の代わりに使用できます。RHEL 9.0 の Red Hat Connector には、Ansible Core で修復 Playbook を機能させるために必要な Ansible モジュールが含まれています。

前提条件

  • scap-security-guide パッケージがインストールされている。

手順

  1. システムをスキャンして結果を保存します。

    # oscap xccdf eval --profile hipaa --results <hipaa-results.xml> /usr/share/xml/scap/ssg/content/ssg-rhel9-ds.xml
  2. 結果が含まれるファイルで、結果 ID の値を見つけます。

    # oscap info <hipaa-results.xml>
  3. 手順 1 で生成されたファイルに基づいて Ansible Playbook を生成します。

    # oscap xccdf generate fix --fix-type ansible --result-id <xccdf_org.open-scap_testresult_xccdf_org.ssgproject.content_profile_hipaa> --output <hipaa-remediations.yml> <hipaa-results.xml>
  4. 生成されたファイルを確認します。これには、手順 1 で実行されたスキャン中に失敗したルールの Ansible 修復が含まれています。この生成されたファイルを確認した後、ansible-playbook <hipaa-remediations.yml> コマンドを使用して適用できます。

検証

  • お使いのテキストエディターで、手順 1 で実行したスキャンで失敗したルールが、生成した <hipaa-remediations.yml> ファイルに含まれていることを確認します。

関連情報