Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第6章 ネットワークサービスのセキュリティー保護

Red Hat Enterprise Linux 9 は、さまざまな種類のネットワークサーバーをサポートしています。RHEL 9 ネットワークサービスを使用すると、システムのセキュリティーが DoS 攻撃 (Denial of Service)、DDoS 攻撃 (Distributed Denial of Service)、スクリプト脆弱性攻撃、バッファーオーバーフロー攻撃など、さまざまな種類の攻撃のリスクにさらされる可能性があります。

攻撃に対するシステムのセキュリティーを強化するには、使用しているアクティブなネットワークサービスを監視することが重要です。たとえば、ネットワークサービスがマシンで実行されている場合に、そのデーモンはネットワークポートでの接続をリッスンするのでセキュリティーが低下する可能性があります。ネットワークに対する攻撃に対する公開を制限するには、未使用のすべてのサービスをオフにする必要があります。

6.1. rpcbind サービスのセキュリティー保護

rpcbind サービスは、Network Information Service (NIS) や Network File System (NFS) などの Remote Procedure Calls (RPC) サービス用の動的ポート割り当てデーモンです。その認証メカニズムは弱く、制御するサービスに幅広いポート範囲を割り当てる可能性があるため、rpcbind をセキュア化することが重要です。

すべてのネットワークへのアクセスを制限し、サーバーのファイアウォールルールを使用して特定の例外を定義することにより、rpcbind のセキュリティーを確保できます。

注記
  • NFSv3 サーバーでは、rpcbind サービスが必要です。
  • NFSv4 では、rpcbind サービスがネットワークをリッスンする必要がありません。

前提条件

  • rpcbind パッケージがインストールされている。
  • Firewalld パッケージがインストールされ、サービスが実行されている。

手順

  1. 次に、ファイアウォールルールを追加します。

    • TCP 接続を制限し、111 ポート経由の 192.168.0.0/24 ホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop'
    • TCP 接続を制限し、111 ポート経由のローカルホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="127.0.0.1" accept'
    • UDP 接続を制限し、111 ポート経由の 192.168.0.0/24 ホストからのパッケージだけを受け入れます。

      # firewall-cmd --permanent --add-rich-rule='rule family="ipv4" port port="111" protocol="udp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop'

      ファイアウォール設定を永続化するには、ファイアウォールルールを追加するときに --permanent オプションを使用します。

  2. ファイアウォールをリロードして、新しいルールを適用します。

    # firewall-cmd --reload

検証手順

  • ファイアウォールルールをリストします。

    # firewall-cmd --list-rich-rule
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="tcp" source address="127.0.0.1" accept
    rule family="ipv4" port port="111" protocol="udp" source address="192.168.0.0/24" invert="True" drop

関連情報