3.2. OpenSSL を使用したプライベート CA の作成

プライベート証明機関 (CA) は、シナリオで内部ネットワーク内のエンティティーを検証する必要がある場合に役立ちます。たとえば、管理下にある CA によって署名された証明書に基づく認証を使用して VPN ゲートウェイを作成する場合、または商用 CA への支払いを希望しない場合は、プライベート CA を使用します。このようなユースケースで証明書に署名するために、プライベート CA は自己署名証明書を使用します。

前提条件

  • sudo を使用して管理コマンドを入力するため の root 権限または権限がある。そのような特権を必要とするコマンドは、# でマークされています。

手順

  1. CA の秘密鍵を生成します。たとえば、次のコマンドは、256 ビットの楕円曲線デジタル署名アルゴリズム (ECDSA) キーを作成します。

    $ openssl genpkey -algorithm ec -pkeyopt ec_paramgen_curve:P-256 -out <ca.key>

    キー生成プロセスの時間は、ホストのハードウェアとエントロピー、選択したアルゴリズム、およびキーの長さによって異なります。

  2. 前のコマンドで生成された秘密鍵を使用して署名された証明書を作成します。

    $ openssl req -key <ca.key> -new -x509 -days 3650 -addext keyUsage=critical,keyCertSign,cRLSign -subj "/CN=<Example CA>" -out <ca.crt>

    生成された ca.crt ファイルは、10 年間、他の証明書の署名に使用できる自己署名 CA 証明書です。プライベート CA の場合、<Example CA> を共通名 (CN) として任意の文字列に置き換えることができます。

  3. CA の秘密鍵に安全なアクセス許可を設定します。次に例を示します。

    # chown <root>:<root> <ca.key>
    # chmod 600 <ca.key>

次のステップ

  • 自己署名 CA 証明書をクライアントシステムのトラストアンカーとして使用するには、CA 証明書をクライアントにコピーし、クライアントのシステム全体のトラストストアに root として追加します。

    # trust anchor <ca.crt>

    詳細は、4章共通システム証明書の使用 を参照してください。

検証

  1. 証明書署名要求 (CSR) を作成し、CA を使用して要求に署名します。CA は、CSR に基づいて証明書を正常に作成する必要があります。次に例を示します。

    $ openssl x509 -req -in <client-cert.csr> -CA <ca.crt> -CAkey <ca.key> -CAcreateserial -days 365 -extfile <openssl.cnf> -extensions <client-cert> -out <client-cert.crt>
    Signature ok
    subject=C = US, O = Example Organization, CN = server.example.com
    Getting CA Private Key

    詳細は、「プライベート CA を使用した OpenSSL での CSR の証明書の発行」 を参照してください。

  2. 自己署名 CA に関する基本情報を表示します。

    $ openssl x509 -in <ca.crt> -text -noout
    Certificate:
    …
            X509v3 extensions:
                …
                X509v3 Basic Constraints: critical
                    CA:TRUE
                X509v3 Key Usage: critical
                    Certificate Sign, CRL Sign
    …
  3. 秘密鍵の一貫性を確認します。

    $ openssl pkey -check -in <ca.key>
    Key is valid
    -----BEGIN PRIVATE KEY-----
    MIGHAgEAMBMGByqGSM49AgEGCCqGSM49AwEHBG0wawIBAQQgcagSaTEBn74xZAwO
    18wRpXoCVC9vcPki7WlT+gnmCI+hRANCAARb9NxIvkaVjFhOoZbGp/HtIQxbM78E
    lwbDP0BI624xBJ8gK68ogSaq2x4SdezFdV1gNeKScDcU+Pj2pELldmdF
    -----END PRIVATE KEY-----

関連情報

  • openssl (1)ca (1)genpkey (1)x509(1)、および req (1) の man ページ