Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

7.8. CLI での POSIX ID 範囲の自動プライベートグループマッピングの有効化

デフォルトでは、SSSD は、AD に保存されている POSIX データに依存する POSIX 信頼を確立している場合は、Active Directory(AD) ユーザーのプライベートグループをマッピングしません。AD ユーザーにプライマリーグループが設定されていない場合、IdM はこれを解決できません。

この手順では、コマンドラインで auto_private_groups SSSD パラメーターに hybrid オプションを設定して、ID 範囲の自動プライベートグループマッピングを有効にする方法を説明します。これにより、IdM は、AD にプライマリーグループが設定されていない AD ユーザーを解決できます。

前提条件

  • IdM 環境と AD 環境との間で、POSIX フォレスト間の信頼が正常に確立されました。

手順

  1. すべての ID 範囲を表示し、変更する AD ID 範囲を書き留めます。

    [root@server ~]# ipa idrange-find
    ----------------
    2 ranges matched
    ----------------
      Range name: IDM.EXAMPLE.COM_id_range
      First Posix ID of the range: 882200000
      Number of IDs in the range: 200000
      Range type: local domain range
    
      Range name: AD.EXAMPLE.COM_id_range
      First Posix ID of the range: 1337000000
      Number of IDs in the range: 200000
      Domain SID of the trusted domain: S-1-5-21-4123312420-990666102-3578675309
      Range type: Active Directory trust range with POSIX attributes
    ----------------------------
    Number of entries returned 2
    ----------------------------
  2. ipa idrange-mod コマンドを使用して、AD ID 範囲の自動プライベートグループの動作を調整します。

    [root@server ~]# ipa idrange-mod --auto-private-groups=hybrid AD.EXAMPLE.COM_id_range
  3. SSSD キャッシュをリセットして、新しい設定を有効にします。

    [root@server ~]# sss_cache -E