Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第2章 IdM でのフェイルオーバー、負荷分散、高可用性

Identity Management (IdM) には、IdM クライアント向けのフェイルオーバーメカニズムと、IdM サーバー向けの負荷分散および高可用性機能があります。

2.1. クライアント側のフェイルオーバー機能

  • デフォルトでは、IdM クライアントの SSSD サービスは、DNS からのサービス (SRV) リソースレコードを使用して、接続先に最も適した IdM サーバーを自動的に決定するように設定されています。この動作は、/etc/sssd/sssd.conf ファイルの ipa_server パラメーターの _srv_ オプションで制御します。

    [root@client ~]# cat /etc/sssd/sssd.conf
    
    [domain/example.com]
    id_provider = ipa
    ipa_server = _srv_, server.example.com
    ...

    IdM サーバーがオフラインになると、IdM クライアントの SSSD サービスが、自動的に検出した別の IdM サーバーに接続します。

  • パフォーマンス上の理由から DNS ルックアップをバイパスする場合は、 ipa_server パラメーターから _srv_ エントリーを削除し、クライアントが接続すべき IdM サーバーを優先順に指定します。

    [root@client ~]# cat /etc/sssd/sssd.conf
    
    [domain/example.com]
    id_provider = ipa
    ipa_server = server1.example.com, server2.example.com
    ...