第12章 キックスタートを使用した Satellite からの RHEL の登録およびインストール

本セクションでは、キックスタートを使用して、システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Red Hat Satellite からインストールする方法を説明します。

12.1. Satellite からの RHEL の登録およびインストール

この手順では、キックスタートコマンドの rhsm を使用して、システムを登録し、RHEL サブスクリプションを割り当て、Satellite インスタンスからインストールする方法を説明します。また、システムの目的を設定し、システムを Red Hat Insights に接続する方法についても説明します。キックスタートコマンド rhsm は、システムの登録時にカスタムの %post スクリプトを使用する要件を削除します。

重要
  • Satellite のインストールは、Boot ISO イメージファイルおよび DVD ISO イメージファイルでサポートされています。ただし、Boot ISO イメージファイルのインストールソースのデフォルトは Satellite であるため、Boot ISO イメージファイルを使用することが推奨されます。
  • システム登録後に使用されるインストールソースリポジトリーは、システムの起動方法により異なります。詳細は、Installation source repository after the system registration を参照してください。
  • サブスクリプションは、システムがアクセスできる Satellite ホストリポジトリーを管理するため、キックスタートファイルではリポジトリー設定は必要ありません。

前提条件

  • システムが Satellite インスタンスにアクセスできるネットワークに接続されている。
  • Red Hat Satellite Server のバージョンが 6.11 以降である
  • キックスタートファイルを作成し、リムーバブルメディア、ディスク、または HTTP(S)、FTP、NFS サーバーを使用するネットワーク上の場所のインストールプログラムから使用できるようにしてある。
  • インストールするシステムからアクセス可能な場所にキックスタートファイルがある。
  • 組織 ID、アクティベーションキー、および使用する Satellite 6.11 インスタンスの URL が手元にあります。
  • 必要な BaseOS および AppStream RPM リポジトリーを有効にし、同期し、コンテンツビューに追加した。
  • アクティベーションキーのリリースバージョンが 9.x に設定されており、その中で関連するコンテンツビューが選択されている。

手順

  1. キックスタートファイルを開きます。
  2. このファイルに、rhsm キックスタートコマンドとそのオプションを追加します。

    組織 (必須)

    組織 ID を入力します。以下に例を示します。

    --organization=1234567
    注記

    セキュリティー上の理由から、Satellite から登録してインストールする場合、Red Hat のユーザー名およびパスワードアカウントの詳細はキックスタートではサポートされていません。

    アクティベーションキー (必須)

    アクティベーションキーを入力します。サブスクリプションにアクティベーションキーが登録されている限り、複数の鍵を使用できます。以下に例を示します。

    --activation-key="Test_key_1" --activation-key="Test_key_2"
    Red Hat Insights (任意)

    ターゲットシステムを Red Hat Insights に接続します。

    注記

    Red Hat Insights は SaaS (Software-as-a-Service) 製品で、継続的に、登録済みの Red Hat ベースのシステムに詳細な分析を提供し、物理環境、仮想環境、クラウド環境、およびコンテナーデプロイメントでセキュリティー、パフォーマンス、および安定性に関する脅威をプロアクティブに特定します。インストーラー GUI を使用した手動インストールとは異なり、キックスタートの使用時には、Red Hat Insights への接続はデフォルトで有効になっていません。

    以下に例を示します。

    --connect-to-insights
    HTTP プロキシー (任意)

    HTTP プロキシーを設定します。以下に例を示します。

    --proxy="user:password@hostname:9000"
    注記

    ホスト名のみが必須です。認証のないデフォルトポートでプロキシーを実行する必要がある場合は、オプションが --proxy="hostname" になります。

    サーバーのホスト名
    注記

    サーバーのホスト名には HTTP プロトコル (例: nameofhost.com) は必要ありません。

    Satellite インスタンスに登録する場合はサーバーのホスト名を設定します。以下に例を示します。

    --server-hostname="nameofhost.com"
    システムの目的 (任意)

    次のコマンドを使用して、システムの目的のロール、SLA、使用方法を設定します。

    syspurpose --role="Red Hat Enterprise Linux Server" --sla="Premium" --usage="Production"

    次の例では、すべてのキックスタートコマンドの rhsm オプションを含む最小限のキックスタートファイルを表示しています。

    graphical
    lang en_US.UTF-8
    keyboard us
    rootpw 12345
    timezone America/New_York
    zerombr
    clearpart --all --initlabel
    autopart
    syspurpose --role="Red Hat Enterprise Linux Server" --sla="Premium" --usage="Production"
    rhsm --organization="12345" --activation-key="test_key" --connect-to-insights --server-hostname="nameofhost.com" --proxy="user:password@hostname:9000"
    reboot
    %packages
    vim
    %end
  3. キックスタートファイルを保存し、インストールプロセスを開始します。

検証手順

システムがインストールされ、再起動し、端末ウィンドウが開いたら、システムが Satellite に登録されていることを確認できます。

  1. 端末ウィンドウで、root ユーザーとして以下のコマンドを入力します。

    # subscription-manager list
    Installed Product Status
    Product Name: Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    Product ID: 486
    Version: 9
    Arch: x86_64
    Status: Subscribed
    Status Details
    Starts: 11/4/2019
    Ends: 11/4/2020
  2. 詳細なレポートを表示するには、以下を実行します。

    # subscription-manager list --consumed

関連情報