7.2. IBM Power サーバーに RHEL をインストールするためのインストールメディアの準備

仮想 DVD (vDVD)、ブート可能な USB ドライブ、またはネットワークを使用して、IBM Power サーバーに RHEL をインストールできます。インストールメディアを準備するには、Red Hat Customer Portal から ISO ファイルをダウンロードする必要があります。

前提条件

  • アクティブな Red Hat サブスクリプションがある。
  • Product Downloads の Red Hat カスタマーポータルの Product Downloads セクションにログインしている。

手順

  1. 製品のダウンロード ページから、カテゴリー別 タブを選択します。
  2. Red Hat Enterprise Linux をクリックします。

    Red Hat Enterprise Linux のダウンロード ページが開きます。

  3. Product Variant ドロップダウンメニューから、Red Hat Enterprise Linux for Power、Little Endian を選択します。
  4. Version ドロップダウンメニューから、ダウンロードする RHEL バージョンを選択します。

    デフォルトでは、選択したバリアントとアーキテクチャーの最新バージョンが選択されています。

    Product Software タブには以下のようなイメージファイルがあります。

    • Red Hat Enterprise Linux Binary DVD イメージ
    • Red Hat Enterprise Linux Boot ISO イメージ、および、
    • Red Hat Enterprise Linux 9 KVM Guest Image
  5. 必要な ISO イメージの横にある 今すぐダウンロードする をクリックします。

    IBM Power Server に RHEL をインストールするために選択したインストール方法に基づいて、USB や DVD などの起動可能な物理インストールメディアを準備できます。詳細は、RHEL のブート可能なインストールメディアの作成 を参照してください。