Menu Close

1.4. RHEL 8 IdM CA サーバーでの CRL 生成の停止

注記

IdM デプロイメントで組み込み認証局 (CA) を使用する場合にのみ、本セクションの手順を行います。

本セクションでは、ipa-crlgen-manage コマンドを使用して、rhel8.example.com CA サーバーで証明書失効リスト(CRL)の生成を停止する方法を説明します。

前提条件

  • root としてログインしている。

手順

  1. (オプション)rhel8.example.com が CRL を生成していることを確認します。

    [root@rhel8 ~]# ipa-crlgen-manage status
    CRL generation: enabled
    Last CRL update: 2021-10-31 12:00:00
    Last CRL Number: 6
    The ipa-crlgen-manage command was successful
  2. rhel8.example.com サーバーで CRL の生成を停止します。

    [root@rhel8 ~]# ipa-crlgen-manage disable
    Stopping pki-tomcatd
    Editing /var/lib/pki/pki-tomcat/conf/ca/CS.cfg
    Starting pki-tomcatd
    Editing /etc/httpd/conf.d/ipa-pki-proxy.conf
    Restarting httpd
    CRL generation disabled on the local host. Please make sure to configure CRL generation on another master with ipa-crlgen-manage enable.
    The ipa-crlgen-manage command was successful
  3. 必要に応じて、rhel8.example.com サーバーが CRL の生成を停止しているかどうかを確認します。

    [root@rhel7 ~]# ipa-crlgen-manage status

rhel8.example.com サーバーが CRL の生成を停止しました。次の手順では、rhel9.example.com で CRL の生成を有効にします。