Menu Close

3.4. 移行における考慮事項と要件

LDAP サーバーから Identity Management (IdM) への移行を計画している場合は、LDAP 環境が IdM の移行スクリプトで機能できることを確認してください。

3.4.1. 移行に対応している LDAP サーバー

LDAP サーバーから Identity Management への移行プロセスは、特別なスクリプト ipa migrate-ds を使用して移行を実行します。このスクリプトには、LDAP ディレクトリーと LDAP エントリーの構造に関する特定の要件があります。移行に対応しているのは複数の共通ディレクトリーを含む LDAPv3 準拠のディレクトリーサービスのみになります。

  • Sun ONE Directory Server
  • Apache Directory Server
  • OpenLDAP

LDAP サーバーから IdM への移行は、Red Hat Directory Server および OpenLDAP でテストされています。

注記

Microsoft Active Directory の場合、移行用スクリプトを使った移行には対応していません。これは、LDAPv3-コンプライアントディレクトリーではないためです。Active Directory からの移行については、Red Hat Professional Services にお問い合わせください。