5.3. Web コンソールでログをフィルターするためのテキスト検索オプション

テキスト検索オプション機能では、ログをフィルタリングするためのさまざまなオプションを利用できます。テキスト検索を使用してログをフィルタリングする場合は、3 つのドロップダウンメニューに定義した事前定義オプションを使用するか、自分で検索全体を入力できます。

ドロップダウンメニュー

検索のメインパラメーターを指定するのに使用できるドロップダウンメニューには、以下の 3 つがあります。

  • 時間:このドロップダウンメニューには、検索のさまざまな時間範囲が事前定義されます。
  • 優先度:このドロップダウンメニューでは、さまざまな優先度のオプションを利用できます。journalctl --priority オプションに対応します。デフォルトの優先度の値は Error and above です。これは、他の優先度を指定しないと毎回設定されます。
  • 識別子:このドロップダウンメニューでは、フィルタリングする ID を選択します。journalctl --identifier オプションに対応します。

量記号

検索を指定するのに使用できる量記号は 6 つあります。これらは、ログテーブルをフィルタリングするための Options で説明されています。

ログフィールド

特定のログフィールドを検索する場合は、フィールドとその内容を指定することができます。

ログメッセージでの自由形式のテキスト検索

ログメッセージで任意のテキスト文字列をフィルタリングできます。文字列は、正規表現の形式にすることもできます。

高度なログのフィルタリング I

2020 年 10 月 22 日深夜以降に発生した systemd によって識別されるすべてのログメッセージをフィルターします。ジャーナルフィールド JOB_TYPE は start または restart のいずれかです。

  1. フィールドを検索するには、identifier:systemd since:2020-10-22 JOB_TYPE=start,restart と入力します。
  2. 結果を確認します。

    advanced logs search I

高度なログフィルタリング II

最後の前に起動で cockpit.servicesystemd ユニットから送信されたすべてのログメッセージ、およびメッセージのボディーに error または fail が含まれるログメッセージをすべてフィルターします。

  1. 検索フィールドに service:cockpit boot:-1 error|fail と入力します。
  2. 結果を確認します。

    advanced logs search II