第15章 Web コンソールでシステム全体の暗号化ポリシーを設定する

RHEL Web コンソールインターフェイスで、システム全体の暗号化ポリシーとサブポリシーのいずれかを直接設定できます。4 つの事前定義されたシステム全体の暗号化ポリシーに加え、グラフィカルインターフェイスを介して、次のポリシーとサブポリシーの組み合わせを適用することもできます。

DEFAULT:SHA1
SHA-1 アルゴリズムが有効になっている DEFAULT ポリシー。
LEGACY:AD-SUPPORT
Active Directory サービスの相互運用性を向上させる、セキュリティーの低い設定を含む LEGACY ポリシー。
FIPS:OSPP
Common Criteria for Information Technology Security Evaluation 標準によって要求される追加の制限を含む FIPS ポリシー。
警告

システム全体のサブポリシー FIPS:OSPP には、Common Criteria (CC) 認定に必要な暗号化アルゴリズムに関する追加の制限が含まれています。そのため、このサブポリシーを設定すると、システムの相互運用性が低下します。たとえば、3072 ビットより短い RSA 鍵と DH 鍵、追加の SSH アルゴリズム、および複数の TLS グループを使用できません。また、FIPS:OSPP を設定すると、Red Hat コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 構造への接続が防止されます。さらに、FIPS:OSPP を使用する IdM デプロイメントには Active Directory (AD) を統合できません。FIPS:OSPP を使用する RHEL ホストと AD ドメイン間の通信が機能しないか、一部の AD アカウントが認証できない可能性があります。

FIPS:OSPP 暗号化サブポリシーを設定すると、システムが CC 非準拠になる ことに注意してください。RHEL システムを CC 標準に準拠させる唯一の正しい方法は、cc-config パッケージをインストールすることです。認定済みの RHEL バージョン、検証レポート、および National Information Assurance Partnership (NIAP) で提供されている CC ガイドへのリンクのリストについては、ナレッジベース記事「Compliance Activities and Government Standards」の Common Criteria セクションを参照してください。

前提条件

手順

  1. Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Overview ページの Configuration カードで、Crypto policy の横にある現在のポリシー値をクリックします。

    The web console: Overview

  3. Change crypto policy ダイアログウィンドウで、システムで使用を開始するポリシーをクリックします。

    The web console: Change the system-wide cryptographic policy

  4. Apply and reboot ボタンをクリックします。

検証

  • 再起動後、Web コンソールに再度ログインし、暗号化ポリシー の値が選択したものと一致していることを確認します。あるいは、update-crypto-policies --show コマンドを入力して、現在のシステム全体の暗号化ポリシーをターミナルに表示することもできます。

関連情報