28.3. Web コンソールでアクティベーションキーを使用してサブスクリプションを登録

RHEL Web コンソールを使用して、新しくインストールされた Red Hat Enterprise Linux をアクティベーションキーで登録するには、次の手順を使用します。

前提条件

  • ポータルにユーザーアカウントがない場合は、ベンダーからアクティベーションキーが提供されます。

手順

  1. RHEL Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. 概要 ページの ヘルス ファイル内の 未登録 の警告をクリックするか、メインメニューの サブスクリプション をクリックして、サブスクリプション情報のあるページに移動します。

    cockpit subscription Health をクリックします。

  3. Overview フィールドの Register をクリックします。

    cockpit subscription Overview

  4. システムの登録 ダイアログボックスで、アクティベーションキーを使用した登録を選択します。

    cockpit subscriptions key

  5. キーを入力します。
  6. 組織名または ID を入力します。

    組織 ID の取得は、Red Hat にお問い合わせください。

    • Red Hat Insights にシステムを接続しない場合は、Insights チェックボックスのチェックを外してください。
  7. 登録 ボタンをクリックします。

この時点で、Red Hat Enterprise Linux システムが正常に登録されました。