17.4. Web コンソールでのファイルシステムのマウントとマウント解除

RHEL システムでパーティションを使用できるようにするには、パーティションにファイルシステムをデバイスとしてマウントする必要があります。

注記

ファイルシステムのマウントを解除することもできます。アンマウントすると RHEL システムはその使用を停止します。ファイルシステムのマウントを解除すると、デバイスを削除 (delete または remove) または再読み込みできるようになります。

前提条件

  • cockpit-storaged パッケージがシステムにインストールされている。
  • Web コンソールがインストールされており、アクセス可能である。詳細は、Web コンソールのインストール を参照してください。
  • ファイルシステムのマウントを解除する場合は、システムがパーティションに保存されているファイル、サービス、またはアプリケーションを使用しないようにする。

手順

  1. RHEL Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Storage タブをクリックします。
  3. Storage テーブルで、パーティションを削除するボリュームを選択します。
  4. GPT partitions セクションで、ファイルシステムをマウントまたはマウント解除するパーティションの横にあるメニューボタン をクリックします。
  5. Mount または Unmount をクリックします。