第27章 Web コンソールでソフトウェア更新の管理

RHEL 9 Web コンソールでソフトウェア更新を管理する方法と、それらを自動化する方法について説明します。

Web コンソールのソフトウェア更新モジュールは、dnf ユーティリティーに基づいています。dnf を使用したソフトウェアの更新の詳細については、パッケージの更新 セクションを参照してください。

27.1. Web コンソールでの手動ソフトウェア更新の管理

Web コンソールを使用してソフトウェアを手動で更新できます。

前提条件

手順

  1. RHEL 9 Web コンソールにログインします。

    詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。

  2. ソフトウェアの更新 をクリックします。

    最後のチェックが行われてから 24 時間以上経っている場合は、利用可能な更新のリストが自動的に更新されます。更新を発生させるには、Check for Updates ボタンをクリックします。

  3. 更新を適用します。更新の実行中に更新ログを見ることができます。

    1. 利用可能な更新をすべてインストールするには、Install all updates ボタンをクリックします。
    2. セキュリティー更新プログラムがある場合は、Install Security Updates ボタンをクリックすると個別にインストールできます。
    3. 利用可能な kpatch 更新がある場合は、Install kpatch updates ボタンをクリックして、それらを個別にインストールできます。
  4. オプション: システムを自動的に再起動するために、Reboot after completion スイッチをオンにすることができます。

    この手順を実行する場合は、この手順の残りの手順をスキップできます。

  5. システムが更新を適用すると、システムを再起動するように勧められます。

    個別には再起動しない新しいカーネルまたはシステムサービスが更新に含まれている場合は、特に推奨されます。

  6. 無視 をクリックして再起動をキャンセルするか、今すぐ再起動 をクリックしてシステムの再起動を続行します。

    システムの再起動後、Web コンソールにログインし、ソフトウェアの更新 ページに移動して、更新が成功したことを確認します。