17.3. Web コンソールでパーティションの削除

Web コンソールインターフェイスでパーティションを削除できます。

前提条件

  • cockpit-storaged パッケージがシステムにインストールされている。
  • Web コンソールがインストールされており、アクセス可能である。詳細は、Web コンソールのインストール を参照してください。

手順

  1. RHEL Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Storage タブをクリックします。
  3. パーティションを削除するデバイスをクリックします。
  4. デバイスページの GPT partitions セクションで、削除するパーティションの横にあるメニューボタン をクリックします。
  5. ドロップダウンメニューから Delete を選択します。

    RHEL Web コンソールは、パーティションを削除する前に、現在パーティションを使用しているすべてのプロセスを終了し、パーティションをアンマウントします。

検証手順

  • パーティションが正常に削除されたことを確認するには、ストレージ タブに切り替えて、コンテンツ テーブルを確認します。