21.2. Web コンソールでシンプロビジョニングされた論理ボリュームの作成

Web コンソールを使用して、プール内にシンプロビジョニングされた論理ボリュームを作成できます。複数のシンボリュームを追加でき、各シンボリュームは、シンボリュームのプールと同じ大きさにできます。

重要

シンボリュームを使用する場合は、論理ボリュームの物理的な空き容量を定期的に確認する必要があります。

前提条件

手順

  1. RHEL 9 Web コンソールにログインします。
  2. Storage をクリックします。
  3. Storage テーブルで、シンボリュームを作成するボリュームグループのメニューボタンをクリックします。
  4. Logical volume group ページで、LVM2 logical volumes セクションまでスクロールし、シン論理ボリュームを作成するプールをクリックします。
  5. Pool for thinly provisioned LVM2 logical volumes ページで、Thinly provisioned LVM2 logical volumes セクションまでスクロールし、Create new thinly provisioned logical volume をクリックします。
  6. Create thin volume ダイアログボックスで、シンボリュームの名前を入力します。名前にスペースは使用しないでください。
  7. シンボリュームのサイズを定義します。
  8. Create をクリックします。

    シン論理ボリュームが作成されます。ボリュームを使用する前にフォーマットする必要があります。