17.2. Web コンソールでパーティションの作成

新しいパーティションを作成するには、以下を行います。

  • 既存のパーティションテーブルを使用する
  • パーティションを作成する

前提条件

  • cockpit-storaged パッケージがシステムにインストールされている。
  • Web コンソールがインストールされており、アクセス可能である。詳細は、Web コンソールのインストール を参照してください。
  • システムに接続されたフォーマットされていないボリュームは、Storage タブの Storage テーブルに表示されます。

手順

  1. RHEL Web コンソールにログインします。詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。
  2. Storage タブをクリックします。
  3. Storage テーブルで、パーティションを分割するデバイスをクリックして、そのデバイスのページとオプションを開きます。
  4. デバイスページで、メニューボタン をクリックし、Create partition table を選択します。
  5. Initialize disk ダイアログボックスで、以下を選択します。

    1. パーティション設定:

      • すべてのシステムおよびデバイスと互換性あり (MBR)
      • 最新のシステムおよび 2TB (GPT) 以上のハードディスクと互換性あり
      • パーティションなし
    2. オーバーライト:

      • RHEL Web コンソールでディスク全体をゼロで書き換える場合は、Overwrite existing data with zeros チェックボックスをオンにします。このプログラムはディスク全体を調べるため、このオプションを使用すると遅くなりますが、安全性は高まります。ディスクにデータが含まれていて、上書きする必要がある場合は、このオプションを使用します。

        Overwrite existing data with zeros チェックボックスを選択しない場合、RHEL Web コンソールはディスクヘッダーのみを書き換えます。これにより、フォーマットの速度が向上します。

  6. Initialize をクリックします。
  7. 作成したパーティションテーブルの横にあるメニューボタン をクリックします。デフォルトでは Free space という名前が付けられます。
  8. Create Partition をクリックします。
  9. Create partition ダイアログボックスで、ファイルシステムの Name を入力します。
  10. Mount point を追加します。
  11. Type ドロップダウンメニューで、ファイルシステムを選択します。

    • XFS ファイルシステムは大規模な論理ボリュームをサポートし、オンラインの物理ドライブを停止せずに、既存のファイルシステムの拡大および縮小を行うことができます。別のストレージの使用を希望しない場合は、このファイルシステムを選択したままにしてください。
    • ext4 ファイルシステムは以下に対応します。

      • 論理ボリューム
      • オンラインの物理ドライブを停止せずに切り替え
      • ファイルシステムの拡張
      • ファイルシステムの縮小

    追加オプションは、LUKS (Linux Unified Key Setup) によって行われるパーティションの暗号化を有効にすることです。これにより、パスフレーズでボリュームを暗号化できます。

  12. 作成するボリュームの Size を入力します。
  13. RHEL Web コンソールでディスク全体をゼロで書き換える場合は、Overwrite existing data with zeros チェックボックスをオンにします。このプログラムはディスク全体を調べるため、このオプションを使用すると遅くなりますが、安全性は高まります。ディスクにデータが含まれていて、上書きする必要がある場合は、このオプションを使用します。

    Overwrite existing data with zeros チェックボックスを選択しない場合、RHEL Web コンソールはディスクヘッダーのみを書き換えます。これにより、フォーマットの速度が向上します。

  14. ボリュームを暗号化する場合は、Encryption ドロップダウンメニューで暗号化の種類を選択します。

    ボリュームを暗号化しない場合は、No encryption を選択します。

  15. At boot ドロップダウンメニューで、ボリュームをマウントするタイミングを選択します。
  16. Mount options セクションで:

    1. ボリュームを読み取り専用論理ボリュームとしてマウントする場合は、Mount read only チェックボックスをオンにします。
    2. デフォルトのマウントオプションを変更する場合は、Custom mount options チェックボックスをオンにしてマウントオプションを追加します。
  17. パーティションを作成します。

    • パーティションを作成してマウントする場合は、Create and mount ボタンをクリックします。
    • パーティションのみを作成する場合は、Create only ボタンをクリックします。

      ボリュームのサイズや、選択するオプションによって、フォーマットに数分かかることがあります。

検証手順

  • パーティションが正常に追加されたことを確認するには、Storage タブに切り替えて Storage テーブルを確認し、新しいパーティションがリストされているかどうかを確認します。