36.5. Web コンソールでのコンテナーチェックポイントの作成

Web コンソールを使用すると、実行中のコンテナーまたは個々のアプリケーションにチェックポイントを設定し、その状態をディスクに保存できます。

注記

チェックポイントの作成は、システムコンテナーでのみ使用できます。

前提条件

手順

  1. メインメニューで Podman containers をクリックします。
  2. Containers テーブルで、変更するコンテナーを選択し、オーバーフローアイコンメニューをクリックして Containers を選択します。
  3. オプション: Checkpoint container フォームで、必要なオプションをチェックします。

    • すべての一時チェックポイントファイルを保持する: チェックポイント作成中に CRIU によって作成されたすべての一時ログおよび統計ファイルを保持します。さらなるデバッグのためのチェックポイント設定が失敗した場合でも、これらのファイルは削除されません。
    • チェックポイントをディスクに書き込んだ後も実行したままにする: チェックポイントを作成した後もコンテナーを停止するのではなく、実行したままにします。
    • 確立された TCP 接続の維持のサポート
  4. Checkpoint をクリックします。

検証

  • メインメニューで Podman containers クリックします。チェックポイントを設定したコンテナーを選択し、オーバーフローメニューアイコンをクリックして、Restore オプションがあることを確認します。