第13章 Web コンソールのリッスンポートの設定

RHEL 9 Web コンソールを使用して新しいポートを許可するか、既存のポートを変更する方法を説明します。

13.1. アクティブな SELinux があるシステムで新しいポートを許可

選択したポートで Web コンソールがリッスンできるようにします。

前提条件

手順

  • SELinux の他の部分で定義されていないポートの場合は、次のコマンドを実行します。

    $ sudo semanage port -a -t websm_port_t -p tcp PORT_NUMBER
  • SELinux の他の部分ですでに定義されているポートの場合は、次のコマンドを実行します。

    $ sudo semanage port -m -t websm_port_t -p tcp PORT_NUMBER

変更はすぐに有効になります。