25.2. Web コンソールで LUKS パスフレーズの設定

システムの既存の論理ボリュームに暗号化を追加する場合は、ボリュームをフォーマットすることでしか実行できません。

前提条件

  • Web コンソールがインストールされており、アクセス可能である。詳細は、Web コンソールのインストール を参照してください。
  • cockpit-storaged パッケージがシステムにインストールされている。
  • 暗号化なしで、既存の論理ボリュームを利用できます。

手順

  1. RHEL 9 Web コンソールにログインします。

    詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。

  2. Storage をクリックします。
  3. Storage テーブルで、暗号化するストレージデバイスの横にあるメニューボタン をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューから Format を選択します。
  5. Encryption field で、暗号化仕様 LUKS1 または LUKS2 を選択します。
  6. 新しいパスフレーズを設定し、確認します。
  7. (必要に応じて) さらなる暗号化オプションを変更します。
  8. フォーマット設定の最終処理
  9. Format をクリックします。