第8章 Web コンソールを使用したネットワークボンディングの設定

RHEL 9 Web コンソールでネットワークボンディングがどのように機能し、ネットワークボンディングの設定方法を確認します。

注記

RHEL 9 Web コンソールは、ネットワーク関連の操作に NetworkManager サービスを使用します。

前提条件

8.1. ボンディングモードに応じたアップストリームのスイッチ設定

使用するボンディングモードに応じて、スイッチでポートを設定する必要があります。

ボンディングモードスイッチの設定

0 - balance-rr

Link Aggregation Control Protocol (LACP) がネゴシエートされたものではなく、静的 EtherChannel を有効にする必要があります。

1 - active-backup

このスイッチで必要な設定は必要ありません。

2 - balance-xor

(LACP がネゴシエートされたものではなく) 静的な Etherchannel を有効にする必要があります。

3 - broadcast

(LACP がネゴシエートされたものではなく) 静的な Etherchannel を有効にする必要があります。

4 - 802.3ad

LACP がネゴシエートされた Etherchannel が有効になっている必要があります。

5 - balance-tlb

このスイッチで必要な設定は必要ありません。

6 - balance-alb

このスイッチで必要な設定は必要ありません。

スイッチの設定方法の詳細は、スイッチのドキュメントを参照してください。

重要

特定のネットワークボンディング機能 (例: fail-over メカニズム) は、ネットワークスイッチなしでのダイレクトケーブル接続に対応していません。詳細は、ボンディングは、クロスオーバーケーブルを使用したダイレクトコレクションをサポートしますか? を参照してください。を参照してください。