31.2. Web コンソールへのリモートシステムの追加

ユーザー名とパスワードを使用して他のシステムに接続できます。

前提条件

手順

  1. RHEL 9 の Web コンソールで、Overview ページの左上にある username@hostname をクリックします。

    cockpit username dropdown

  2. ドロップダウンメニューから、Add new host ボタンを選択します。

    cockpit add new host

  3. 新規ホストの追加 ダイアログボックスで、追加するホストを指定します。
  4. (オプション) 接続するアカウントのユーザー名を追加します。

    リモートシステムのユーザーアカウントを使用できます。ただし、管理者権限を持たないユーザーアカウントの認証情報を使用している場合は、管理タスクを実行できません。

    ローカルシステムと同じ認証情報を使用する場合は、ログインするたびに、Web コンソールがリモートシステムを自動的に認証します。したがって、複数のマシンで同じ認証情報を使用すると、潜在的なセキュリティーリスクになります。

  5. 必要に応じて、 フィールドをクリックして、システムの色を変更します。
  6. Add をクリックします。

    新しいホストは、username@hostname ドロップダウンメニューのホストリストに表示されます。

注記

Web コンソールは、リモートシステムのログインに使用するパスワードを保存しないため、システムが再起動するたびに再度ログインする必要があります。次回のログイン時には、切断されたリモートシステムのメイン画面に配置された ログイン ボタンをクリックして、ログインダイアログを開きます。

cockpit not connected to host