第2章 永続的な命名属性

ストレージデバイスを識別および管理する方法により、システムの安定性と予測可能性が確保されます。Red Hat Enterprise Linux 9 は、この目的のために、従来のデバイス名と永続的な命名属性という 2 つの主要な命名スキームを使用します。

従来のデバイス名

従来のデバイス名は、システム内のデバイスの物理的な場所に基づいて Linux カーネルによって決定されます。たとえば、通常、最初の SATA ドライブには /dev/sda というラベルが付けられ、2 番目の SATA ドライブには /dev/sdb というラベルが付けられます。これらの名前は単純なものですが、デバイスが追加または削除されたとき、またはハードウェア設定が変更されたときに変更される可能性があります。これにより、スクリプトと設定ファイルに問題が生じる可能性があります。さらに、従来の名前には、デバイスの目的や特性についての説明的な情報が欠けています。

永続的な命名属性

永続的な命名属性はストレージデバイスの固有の特性に基づいているため、システムの再起動後もストレージデバイスがより安定し、予測可能になります。PNA の実装には、従来の命名と比較してより詳細な初期設定が必要です。PNA の主な利点の 1 つは、ハードウェア設定の変更に対する回復力であり、一貫した命名規則を維持するのに最適であることです。PNA を使用すると、予期しない名前の変更を心配することなく、スクリプト、設定ファイル、管理ツール内でストレージデバイスを参照できます。さらに、PNA にはデバイスの種類や製造元情報などの有用なメタデータが含まれることが多く、効果的なデバイスの識別と管理のための記述性が向上します。

2.1. ファイルシステムとブロックデバイスを識別するための永続属性

Red Hat Enterprise Linux 9 のストレージでは、永続的な命名属性 (PNA) は、システムの再起動、ハードウェアの変更、またはその他のイベント全体にわたってストレージデバイスに一貫した信頼性の高い命名を提供するメカニズムです。これらの属性は、ストレージデバイスが追加、削除、または再設定された場合でも、一貫してストレージデバイスを識別するために使用されます。

PNA はファイルシステムとブロックデバイスの両方を識別するために使用されますが、目的は異なります。

ファイルシステムを識別するための永続属性
  • ユニバーサル一意識別子 (UUID)

    UUID は主に、ストレージデバイス上のファイルシステムを一意に識別するために使用されます。各ファイルシステムには独自の UUID があり、この識別子は、ファイルシステムがアンマウントされたり、再マウントされたり、デバイスが切り離されて再接続されたりしても、一定のままです。

  • ラベル

    ラベルは、ユーザーがファイルシステムに割り当てた名前です。これらはファイルシステムの識別と参照に使用できますが、UUID ほど標準化されていません。ラベルは、設定ファイルでファイルシステムを指定するための UUID の代替としてよく使用されます。

    ファイルシステムにラベルを割り当てると、そのラベルはファイルシステムのメタデータの一部になります。このラベルは、ファイルシステムを別のマウントポイントまたは別のシステムにマウントした場合でも、ファイルシステムとともに存続します。

ブロックデバイスを識別するための永続属性
  • ユニバーサル一意識別子 (UUID)

    UUID を使用してストレージブロックデバイスを識別できます。ストレージデバイスがフォーマットされるとき、またはストレージデバイス上にファイルシステムが作成されるとき、多くの場合、UUID がデバイス自体に割り当てられます。この UUID はファイルシステムのメタデータまたはパーティションテーブル内に埋め込まれ、永続的なデバイス命名行う際に参照として使用されます。これにより、ファイルシステムを変更したり再フォーマットしたりした場合でも、ブロックデバイスを一意に識別できます。

  • World Wide Identifier (WWID)

    WWID は、ストレージブロックデバイスに関連付けられたグローバルに一意の識別子です。これらは、サーバーを SAN ストレージデバイスに接続するホストバスアダプター (HBA) またはネットワークインターフェイスを識別するために、ファイバーチャネルストレージエリアネットワーク (SAN) で一般的に使用されます。WWID は、サーバーと SAN ストレージデバイス間の一貫した通信を実現し、ストレージデバイスへの冗長パスの管理に役立ちます。

  • シリアル番号

    シリアル番号は、製造元によって各ストレージブロックデバイスに割り当てられる一意の識別子です。これはストレージデバイスを区別するために使用できます。デバイス管理のために UUID や WWID などの他の属性と組み合わせて使用することもできます。