Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.3.2. DNF プラグインの有効化および無効化

DNF ツールでは、プラグインはデフォルトで読み込まれます。

以下の手順では、DNF プラグインの読み込みを変更し、特定のDNF プラグインを有効または無効にする方法を説明します。

手順

  • DNF プラグインの読み込みを無効または有効にするには、/etc/dnf/dnf.conf ファイルの [main] セクションに、plugins= で始まる行が存在することを確認します。

    1. DNF プラグインの読み込みを無効にするには、plugins= の値を 0 に設定します。

      重要

      プラグインをすべて無効にすることは推奨 していません。プラグインには、重要なDNFサービスおよびコマンドを提供するものがあります。その中でも product-id プラグインおよび subscription-manager プラグインは、証明書ベースの Content Delivery Network (CDN) への対応に必要です。グローバルにプラグインを無効にすることは、便利なオプションとして提供されていますが、DNF の潜在的な問題を診断する場合にのみ推奨されます。

    2. DNF プラグインの読み込みを有効にするには、plugins= の値を 1 に設定します。
  • 特定のコマンドですべてのDNF プラグインを無効にするには、コマンドに --noplugins オプションを追加します。たとえば、update コマンドでDNF プラグインを無効にするには、以下のコマンドを実行します。

    # dnf --noplugins update
  • 1 つのコマンドで特定の DNF プラグインを無効にするには、コマンドに --disableplugin=plugin-name オプションを追加します。たとえば、update コマンドで特定の DNF プラグインを無効にするには、以下のコマンドを実行します。

    # dnf update --disableplugin=plugin-name

    plugin-name をプラグインの名前に置き換えます。

  • 1 つのコマンドで特定のDNF プラグインを有効にするには、コマンドに --enableplugin=plugin-name オプションを追加します。たとえば、update コマンドで特定の DNF プラグインを無効にするには、以下のコマンドを実行します。

    # dnf update --enableplugin=plugin-name

    plugin-name をプラグインの名前に置き換えます。